安全安心な街づくりに向けて

対話と信頼・決断と実行

まず、27年までの実施した主な仕事は、小山消防署の移転については、長年にわたり用地確保が難航してましたが、地権者とじっくりと対話をし信頼関係を構築した結果、用地を市で買うことができました。

次に、新市民病院の移転についても、病院用地の真ん中、現在の調剤薬局の場所は個人で所有し、農地として耕作している土地であったため、時間をかけ地権者と対話している中、等価交換なら移転しても良いと言う条件が出たため、土地の交換してもらい使いやすい土地となったため新市民病院の移転や、あけぼの保育所の存続に努力してまいりました。

1.自然災害に備えて

  • 地震落雷等災害 24.3.11
  • 台風、突風、竜巻等の風害
  • 地球温暖化による環境変化・異常気象による災害
  • 集中豪雨による水害は、対策によって避けられる
  • 排水路の整備
  • 流末に排水機場の整備

平成27年関東・東北豪雨から学ぶ

  • 平成27年9月9日から11日にかけて、関東地方から東北地方で大雨が降り、大きな被害が発生しました。
  • 栃木県上空では、線状降水帯が発生し最大48時間降水量600ミリを超える100年に一度の大雨が観測されました。
  • 小山市内では、各地区の小河川の氾濫等により床上浸水932棟、床下浸水593棟の合計1525棟に浸水被害が発生しました。
  • 農作物においても、水稲、大豆等455ha、約3億2千万円の被害が発生しました。

その時の状況を、目で確認して頂きたいと思います。

平成27年9月10日

網戸橋より思川右岸の網戸側の堤防

クリックすると拡大

網戸橋より思川右岸の網戸側の堤防

平成29年9月9日から10日にかけての豪雨により、思川は、堤防の越水寸前まで増水しました。この写真は、網戸橋から上流に向けて撮った写真で、網戸の東側付近です。

思川左岸の乙女側の堤防

クリックすると拡大

思川左岸の乙女側の堤防

この写真は、10日午前6時の写真で、先ほどの写真の1km下流に乙女橋があり、その乙女橋の下流で左岸の乙女側を撮った写真です。この時、すでに危険水位を超過し避難命令が発令されておりました。
10日の午前3時ごろ、乙女の堤防は、越流まで、あと30㎝位までにせまりました。あと少し、雨かが降り続けると土手を乗り越える危険があったわけでした。

乙女橋の橋げたが見えなくなるぐらい

クリックすると拡大

乙女橋の橋げたが見えなくなるぐらい

この写真は、水位が下がり始めて、3時間経過後の乙女大橋の写真です。川岸にはゴミが寄って来ています。

思川 石ノ上河川広場

クリックすると拡大

思川 石ノ上河川広場

石ノ上河川広場のところも、階段が3段見えただけで4段目は水の中となりました。

小山市内で水没した車輌

クリックすると拡大

小山市内で水没した車輌

小山市内の様子です、 駐車場に駐車しておいた車が、水に流され駐車場のフェンスに引っ掛かり止まっています。

豪雨直後、巡回した車両

クリックすると拡大

豪雨直後、巡回した車両

薄暗い5時半に、災害を受けやすい地域を巡回した車輌に稲藁がかかっています。水深は深い所で30cm程度だと思いました。一面が水没しているため道路の判断は電柱やガードレールのみでした。

水に浸かった民家

クリックすると拡大

水に浸かった民家

浸水した民家です。壁とシャッターの色の変わり目まで水が来ました。

水害を教訓に浸水水位を表示

クリックすると拡大

水害を教訓に浸水水位を表示

小山市立押切集会所の水位は、2m30cmまで達しました。この近辺は、2階の窓から避難した人平屋の方は押入れから天井と屋根を破って出た方もおりました。

家畜にも命の危険が

クリックすると拡大

家畜にも命の危険が

農家では、牛舎の入り口を開き、牛の手綱を外し、逃がしました。水位が下がった、垣根の上にわらが見えます。水位は垣根を超えていることが伺えます。

想定外のものまで流れてきます

クリックすると拡大

想定外のものまで流れてきます

流末の杣井木川排水機場には藁や木材をはじめとして、ありとあらゆるもの何でもの流れてきて排水機場を塞いでいます。

排水機場機能停止

クリックすると拡大

排水機場機能停止

大量の水位のため、エンジンに水が入り、機場は午前6時15分に、機上の機能は完全に停止してしまいました。

杣井木川排水機場

クリックすると拡大

杣井木川排水機場

杣井木川排水機場は、平成7年にエンジンポンプ3tを初回に、その後再度水害があり、平成21年3月に3tの水中ゲートポンプを増設し、合計毎秒6tの能力があるが27年の災害には対応しきれなかった為、緊急に29年6月に1.67tの水中ポンプが再度増設されました。
杣井木川排水機場は平成7年にエンジンポンプ3tを初回にその後再度水害があり、平成21年3月に3tの水中ゲートポンプを増設し合計毎秒6tの能力があるが27年の災害には対応しきれなかった為、緊急に29年6月に1.67tの水中ポンプが再度増設されました。

27年の水害を教訓に、29年6月に増設された水中ポンプによる排水

クリックすると拡大

27年の水害を教訓に、29年6月に増設された水中ポンプによる排水

(この写真は29.10.23の写真です)
27年9月9日の水害を受けて,排水機場の機能を補うため、29年6月に毎秒1.67tの水中ポンプが増設され、杣井木川機場の補助になります。
これで、杣井木川には、機場のエンジンポンプ3t、水中ゲートポンプ3t、29年6月追加のポンプ1.67tの合計毎秒7.67t排出されるはずでしたが

大量に流れついた稲わら

クリックすると拡大

大量に流れついた稲わら

29年10月23日の台風21号の局部豪雨では、秋の稲刈りの後だったため稲わらが、杣井木川排水機場に大量に流れつきました。

水中ポンプも機能停止

クリックすると拡大

水中ポンプも機能停止

流れてきた藁や、ごみ等に、吸水口が塞がれ、ポンプに電源が入っていて回っていても、徐々に排水が止まる。その上、排水ポンプの燃料がなくなって、完全に止まってしまいました。私は、燃料がなくポンプが止まっていると、小山市災害策本部に議会事務局長を通して報告しましたが、何の対応もありませんでした。この件は、平成29年の議事録で確認して頂けます。

水に覆われた田畑

クリックすると拡大

水に覆われた田畑

押し寄せてくる水の排水が思うようにできないため、増水し一面水に覆われた田畑。現在杣井木川排水機場は。毎秒7.67tの能力がありますが、29年10月23日のことを教訓に、31年増設ポンプの実施設計をして、32年に毎秒5tの水中ポンプを増設し災害に対応出来るようになります。32年度からは毎秒合計12.67tになり、16万m3の調整池もできる計画されています。
この仕事は、県の事業のため、地元県議で29年11月7日、杣井木川期成同盟と一緒に活動してくださっています。私は、地元の方と膝を交えて交流し、地元の要望をまとめ市や県議に伝えて行った結果、県議団の活躍で、32年に排水容量5tの増設と16万m3の調整池ができることになりました。また,地元では輪中堤の設定には疑問をもっています。

安全安心な街づくりとして排水機場の整備

  • 水害防止には、市内に7つある小河川の排水路や排水機場の徹底した整備が不可欠です。
  • 豊穂川は1級河川となり、1.2㎞堤防整備と排水機樋門と調整池が設置されます。
  • 杣井木川流域の排水路や排水機場、避難所の整備に全力で取り組んで、ポンプ1.6t増設をしましたが不十分でしたので、さらに5tのポンプが増設されます。
    又、16万m3の調整池と、毎秒5tのポンプが増設されて、排水能力は21年度から合計で12.67tになります。
  • 橋本は、関東農政局が実施している、国営栃木南部土地改良事業の与良川排水路及び与良川新排水機場整備計画に全力で協力し、与良川排水機場整備に道筋を付けました。

▼水土里ネット思川西部 | 思川西部土地改良区
http://www.omoigawa-seibu.or.jp/

与良川第一機場

クリックすると拡大

与良川第一機場

栃木市藤岡地内にある与良川第一機場。
昭和48年竣工。南を渡良瀬遊水地、東を思川、更に西に巴波川に囲まれた小山市上生井・下生井・白鳥及び栃木市藤岡町新波、野木町友沼の一部を受益地(570ha)とする排水機場です。施設の老朽化に伴い国営栃木南部土地改良事業にて第2排水機場と統合した排水機場として新設が計画されています。

与良川第二機場

クリックすると拡大

与良川第二機場

こちらは、小山市大字白鳥地内にある、与良川第二機場です。
平成元年竣工。第1排水機場同様な地理的条件から小山市生駒、下河原田、小袋、下泉、井岡、間中、鏡、中里、寒川、迫間田、網戸、生良、楢木、上生井、下生井、白鳥及び栃木市藤岡町新波、野木町友沼の一部を受益地(1350ha)とする排水機場です。施設の老朽化に伴い国営栃木南部土地改良事業にて第1排水機場と統合した排水機場として新設が計画されています。

統合した新与良川排水機場を小山地内に整備

クリックすると拡大

統合した新与良川排水機場を小山地内に整備

離れている二つの機場を、統合して集中して管理することで、新排水機場の排水ロスを抑えて、排水能力を高め、毎秒25.72t排水できる機場を整備することで、多くの住民が水害を避けられることになります。 小山市の白鳥内に整備するものです。
完成後、機場の最上階の操作室の一部で、機場が使用されてないときには市民に開放され、星の観察やバードウォッチング等も出来るように設計されると良いですね。

身近な安全安心な街づくり

1. 子どもたちへの安全安心な街づくり

  • 子どもたちの通学路(遊歩道等)における安心安全
  • 子どもたちの遊び場(公園)における安心安全
  • 子どもたちが学び・避難所としても使える学校施設の安全安心

2. 誰でも安全安心に使用できる街づくり

  • 公園の樹木の管理、駐車場整備、誰もが使用しやすいバリアフリー化したトイレへの改修
  • 歩道橋の修繕、歩道や横断歩道の整備

3. 遊びながら学習できる子どもたちの夢づくり

  • 水上アスレチックの整備
  • こどもの国づくり

子どもたちの安心安全(通学路の植栽剪定)

整備される前の遊歩道(通学路)はモチノキの植栽が高く135cmあり、小学生が脇を通ると姿が見えなくなり,死角スポットになってしまう。
植栽の剪定を低くするよう、市に要望し続けた結果、死角がなくなり、子供たちの顔や姿が遠くから校門に入るまで、確認できるようになりました。

見通しの良くなった通学路

子供たちが通学したり、遊んだりしてても、遠くから安全が確認できるようにして頂きました。

植栽されている下枝を落としたら、500メートルの遠くまで、見通しできる通学道路になりました。子どもたちの安全度が増した通学路になりました。

誰でも安心安全な公園の整備

剪定後見通しの良くなった公園

子供たちが遊んでいるのを外から確認できるよう、市に要望した結果、樹木の下枝を落として見通しが良くなりました。公園の周りの家屋がはっきりと見えるようになりました。

整備する前は、樹木の下枝が、鬱そうと茂って昼間でも薄暗い公園で、回りが見通せない危険な状況でした。この場所は、後に、公園の駐車場となり、11台止まります。

誰でも安心安全 公園駐車場整備

公園内の見通しの確保と公園利用者の迷惑駐車の解消を目指し、駐車場の整備を市要望し実現しました。

安心安全な遊び場へ

公園内の築山が高く子どもたちの姿が隠れてしまう。また、木製遊具が古くなり危険な状態であるため、学校ではこの公園で遊ぶことを推奨していません。危険な公園とされていました。
山の反対側は一切見えません。防犯上の危険を無くし、子供たちが安全に楽しく遊べるよう、築山を撤去し、遊具を入れ替えるよう市に要望し続けました。

築山の反対側で,非行行為があっても見えないため注意できません。非行の温床になってしまいます。早急な改善を要望し続けました結果、現在、改修中です。

築山が取り除かれ、見通しが良くなった公園

まだ、工事中でありますが、築山が撤去され、見通しが良くなり、非行がしにくくなった公園となりました。人が立っているところに滑り台が設置されます。白線は元あった築山の跡です。

学校施設の安心安全(三小体育館の屋根修繕)

三小の体育館は、経年劣化により屋根が錆び、雨が染み、雨漏りするようになりましたので、長寿命化に向け屋根の張替えを市に要望しました。

新しくなった三小体育館の屋根

体育館の屋根が新しくなりました。子どもたちが安心して学べます。また、万が一、小山市で災害が発生した場合は、避難所として活用できます。

公園のトイレをバリアフリーに改修

クリックすると拡大

公園のトイレをバリアフリーに改修

お年寄りや、障害をお持ちの方でも気軽に利用できるよう、公園トイレのバリアフリー化を要望し、改修が実現しました。 公園の凸凹を気にせずに、車いすでトイレを使用できます。

修繕された「あけぼの歩道橋」

コンクリートがボロボロに崩れる

コンクリートが、急激な寒さで、しもげてボロボロになり、はげ落ちて、コンクリートの中の鉄筋までが飛び出て歩きにくくなった「あけぼの歩道橋」の修繕を要望。

緊急に整備された「あけぼの歩道橋」子どもたちが、登下校時に安全に渡ることができるようになりました。

総合公園利用者の安全確保–公園駐車場出入口に歩道の設置

クリックすると拡大

総合公園利用者が、車道を歩き交通渋滞や事故を起こす危険性を回避するため、駐車場から道路に出るまでの間、歩道の設置を要望しました結果 歩道ができることになりました。

子どもの夢づくり – 小山総合公園に水上アスレチックの整備

クリックすると拡大

子どもの夢づくり - 小山総合公園に水上アスレチックの整備

私のライフワークとしている、こどもの国の建設事業の一環として、水上アスレチックの整備が、小山総合公園内で始まっています。
水上アスレチックは、子どもたちが安全に安心して水と楽しく遊び、環境問題等、遊びながら学べる施設です。

水上アスレチックの工事進行状態

クリックすると拡大

水上アスレチックの工事進行状態

着々と工事が進み、遊具は年度末に設置され、周りには芝生が張り巡らされます。芝生を養生するため 利用は、蛍が飛ぶ6月を予定してます。
また、温水レジャープールは、小山公益の焼却場の2期工事の終了後に、熱カロリーが十分になる、2027年に建設される予定です。
子どもを育てやすい環境を作り上げないと、若者は小山に住み着いてくれません。若者を呼び込むには、この事業は是非とも必要ですので、こどもの国建設事業を今後も市と共に進めていきたいと考えております。

橋本守行は微力ですが、後援会の皆様が協力や支援をして下さったお陰で、これまでの活動が遂行できました。
橋本守行を常々支持して、見守って下さっている後援会の多くの皆様のお陰であると常に思っております。
私は、会員一人ひとりの皆様よりご支援やご指導に見守られ仕事ができた事を再認識するとともに、多くの皆様のご協力を頂いていることに、あらためて感謝申し上げます。

今後も皆様と共に、皆様の期待に応えられるよう、対話と信頼の元、一生懸命に努力する覚悟でございますので、ぜひとも、皆さんから橋本守行の今までの実績を広めて、後援会加入を進めて頂きたくお願い申し上げます。

皆様のゆるぎない暖かいご支援を、橋本守行に引き続き宜しくお願い申し上げます。